油壺温泉 & 周辺スポット紹介!【みさきまぐろきっぷを活用!】

観光・撮影スポット
スポンサーリンク

2020年、三浦半島の先端に『油壺温泉』が湧き出ました。

油壺温泉が引かれている施設のひとつ、観潮荘は「みさきまぐろきっぷ」で入浴可能な施設でもあります。

今回はそんな油壺温泉と周辺観光スポットをまとめてみました。

IMG_0846

油壺温泉『観潮荘』に行こう!

私は突然「近くに温泉ないかなぁ」と探し始めることがあります。

油壺温泉に行こうと思ったのも、その「近くに温泉ないかなぁ」が理由です。

油壺温泉は2020年に湧出した新しい温泉です。

IMG_2184

(ピントが合ってないのはAFモードにし忘れてたからです…)

泉質としてはナトリウム塩化物泉にあたり、一度入ると湯冷めしにくいのが特徴です。

京急が三浦半島の観光資源開発のために掘り当て、自社で運営する温浴施設に温泉を引きました。

その施設の一つが、今回ご紹介する観潮荘です。

もともとは海水を温めてお風呂のお湯として使っていましたが、温泉が出たことにより、海水から温泉に転換しました。

相模湾を一望でき、春には河津桜も咲いて絶好のロケーションです。

油壺温泉観潮荘へはみさきまぐろきっぷで行きます。

IMG_214000

みさきまぐろきっぷは「乗車駅~三崎口駅までの往復切符+三崎地区の京急バスフリー乗車券」と、三崎地区での食事に使える「まぐろまんぷく券」、そのほかのアクティビティーやお土産に使える「三浦・三崎おもひで券」の3種類が1セットになった乗車券で、コスパがいいとインターネット上てもたびたび話題に上がります。

観潮荘は「三浦・三崎おもひで券」を使って温泉に入浴することができるので、まぐろきっぷで行くのはかなりおススメです。

ただ、ここでまぐろきっぷを使うのであれば、温泉だけにしてしまうのはもったいなく思います。

そこで、腹ごなししたら、バスのフリーエリアで行けるところも紹介したいと思います!

油壺温泉と一緒に行きたい①長井海の手公園ソレイユの丘

まず一つ目が長井海の手公園ソレイユの丘です。

DSC_0621[1]

園内には、四季折々の花が咲き乱れています。

夏に咲くヒマワリは特に有名です。

DSCF0423

私が夏に訪れたときはインスタ女子やポートレート撮影をする人たちをよく見かけました。

また、ソレイユの丘には遊園地や農園も併設されています。

DSC_0678[1]

FH000016

油壺温泉と一緒に行きたい②城ヶ島

そしてもう一つは城ヶ島です。

IMG_2152

写真左側の立派な橋が城ヶ島大橋で、これを渡って城ヶ島に行きます。

IMG_2266

城ヶ島につくと、その特徴的な地形にただただ驚きます。

この地形は地質の硬さの違いによって、浸食されたところと浸食されずに残ったところがあり、その関係で洗濯板のような地形が出来上がりました。

そして三浦半島の南端でもあるこの地には城ヶ島灯台があります。

IMG_2176

全国で5番目に点灯した、非常に歴史のある灯台でもあります。

そして今でも夜になると相模湾の光となって活躍していて、その姿はかなり写真映えします。

DSC_2772[1]



以上、『油壺温泉 & 周辺スポット紹介!【みさきまぐろきっぷを活用!】』でした

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました