【伊勢神宮の分社】伊勢原大神宮へ【参拝&温泉!?】

伊勢原大神宮の外観 観光・撮影スポット
スポンサーリンク

人生で一度入っておきたい場所の一つが伊勢神宮の方も多いのではないでしょうか。

しかし、関東に住んでいると「伊勢は遠い」と感じてしまうものです。

そこで今回は関東にいながらお伊勢参りができる「伊勢原大神宮」を紹介します。

伊勢神宮は遠いから伊勢原へ・・・?

関東から「伊勢」に行くには遠すぎる

以前、18きっぷを使って、日帰りでのお伊勢参りを行いました。

IMG_5801

IMG_5792

沼津から伊勢市まで日帰りでお伊勢参りをしましたが、ものすごく大変でした。

皆さん言われていることですが、豊橋から先がとにかく長い。(写真は伊勢市駅での快速みえですが。。。)

IMG_5783

終電間際は特に混むので、長い時間座れないこともあって余計疲れました。

関西や名古屋からは近鉄の特急があり、伊勢までは行きやすいですが、関東から伊勢は気軽に行けるところではないです。

そこで今回は「関東にいながらお伊勢参り」ができるところを紹介します!

やってきたのは「伊勢原」・・・?

小田急線に乗って新宿から快速急行で1時間、伊勢原に到着しました。

IMG_2204

伊勢原駅の付近には立派な鳥居があります。

これは、伊勢原からほど近い丹沢山系の大山にある「大山阿夫利神社」の一の鳥居です。

IMG_2206

大山阿夫利神社は雨乞い信仰の中心地として有名な場所です。

伊勢原の土地は古くから「大山詣り」の場所として知られており、江戸時代には江戸から通行手形なしで行くことができたため、旅先としても人気となりました。

ところで、なぜ伊勢とは関係のないこの土地が「伊勢原」と呼ばれるようになったのか、その真相は「伊勢神宮」とも大きなかかわりがあります。

「伊勢神宮の分社」伊勢原大神宮へ”お伊勢参り”!

伊勢原駅から歩いて10分くらいで「伊勢原大神宮」に到着しました。

IMG_2211

この伊勢原大神宮ができたきっかけは、伊勢の国の人と鎌倉の人が、大山詣りをしていたことです。

大山詣りをするため、当時はまだ松原だった伊勢原に泊った二人は「この辺りは開墾できるのではないか」と思い、土地の有力者にお願いをして開墾をしていきます。

やがて、開墾した土地に人が集まるようになり、現在の伊勢原の町の基礎が出来上がりました。

その際、伊勢原を開墾した2人のうち、伊勢の国の人の出身地にある伊勢神宮から神様を分けてもらい、伊勢原を守る神様として祀るためにできたのが「伊勢原大神宮」です。

IMG_2213

ちなみに、日本神道においては神様は無限に分けることができ、分かれたあとも元の神様と同じ働きをすると考えられています。

つまりは、この「伊勢原大神宮」の神様に守ってもらうということは「伊勢神宮」の神様に守ってもらうことと同じということになるわけです。

そして開墾された土地は、この「伊勢原大神宮」から現在の地名「伊勢原」が使われるようになり、2020年には、伊勢原が開墾されてから400年を迎えました。

IMG_2218

さて、そんな由緒正しき伊勢原大神宮の境内に入っていきます。

社殿は見ての通り、左右二つに分かれている非常に特徴的な形をしています。

IMG_2217

この社殿の形も、三重県の「伊勢神宮」が由来です。

実は伊勢神宮は、伊勢にある社125社の総称で、その中でも代表的なものが内宮と外宮という二つの大きな社になります。

伊勢原大神宮も、その二つの社を見立てて作ったために左右に社殿が分かれた作りになっているわけです。

社殿は外宮と内宮に分かれていて、向かって右側が外宮、左側が内宮です。

伊勢原大神宮では右側の外宮から左側の内宮へと参拝します。

IMG_2214

IMG_2216

外宮→内宮への順路も伊勢神宮にならってのものです。

伊勢神宮は外宮から内宮へはバスを使うほど遠いので、それに比べるとすごく楽に参拝できます。

「分社でお伊勢参り」のあとは温泉へGO!

こうして、心が清らかになった後は、身も清らかにしていきましょう。

お隣の厚木市にある七沢温泉に向かいます。

IMG_2207

七沢温泉へは伊勢原からだけでなく、本厚木駅方面からもバスが出ています(本厚木からのバスのほうがバスの本数は多いです)

バスで七沢行きに乗り、今回は「広沢寺温泉入口」で下車します。

IMG_2208

七沢温泉の多くの旅館はひとつ前の「七沢病院入口」のほうが近いですが、今回の目的地「七沢荘」は広沢寺温泉入口のほうが近いです。

そしてバス停から歩くこと7分で七沢荘に到着しました。

IMG_2210

七沢温泉は強アルカリ性の温泉で、お湯がぬるぬるしているのが特徴です。

入ってみると、心なしか、お肌がスベスベになりました。

 

以上「【伊勢神宮の分社】伊勢原大神宮へ【参拝&温泉!?】」でした

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました