【千葉の観光スポット】小江戸・佐原は水の街!

観光・撮影スポット
スポンサーリンク

あなたなら『都会の喧騒から離れて、ゆっくりできるところ』と聞かれて、どこを思い浮かべるでしょうか。

私のオススメは、都会から近すぎず、遠すぎないところにある佐原です。

今日はそんな佐原の魅力を紹介します。DSC_1132

①小江戸の町は数あれど…

Googleで『小江戸』と検索するとまず出てくるのは川越(埼玉県)です。

川越は都心に近く、メディアにも多く取り上げられたため『小江戸といえば川越』のイメージが強くなっています。

しかし、本来『小江戸』は『江戸のように発展した街』『江戸時代を感じさせる街』という意味であり、川越だけを指す言葉ではなく、全国各地に『小江戸』は点在します。

とりわけ、関東には川越以外にも『小江戸』として有名な場所が2つあります。

一つ目が栃木(栃木県栃木市)です。

DSC_0559

巴波川(うずまがわ)沿いに江戸の風情を感じさせる蔵が並んでいるのが特徴です。

私も一回訪れたことはありますが、その時は時間の関係でちゃんと巡れていなかったので、今度はゆっくり巡ってみたいです。

そして、もう一つが今回ご紹介する佐原(千葉県香取市)です。

②佐原ってどこ?

佐原は茨城県境にほど近い千葉県香取市に位置しています。(下の地図の赤い丸のあたり)

sawara

川越ほどではありませんがアクセスも比較的良く、千葉から電車で70分程度、成田から電車で30分程度です。

佐原駅から徒歩でおよそ10分離れたところに江戸の風情が残る旧市街地があります。

25880004

sawara02

sawara03

ちなみに上の3枚目の写真は、フレンチレストランなんです!

佐原は歩いていると、時がゆっくりと流れている気がするような、そんな心が落ち着く街です。

そんな佐原の魅力をこれから紹介していきます!

③【佐原観光スポットその1】伊能忠敬ゆかりの地巡り!

佐原の街には、日本地図を作ったことで知られる伊能忠敬の史跡が多く残っています。

九十九里の役人の家に生まれた忠敬が婿養子になった伊能家があったのが佐原だったからです。

そのため、佐原は伊能家の旧宅や記念館があります。

DSC_1160

こちらが忠敬が住んでいた伊能家の旧宅です。

DSC_1146

伊能家は酒造を中心に運送業や貸金業も行っていて、旧宅にもその名残が残っています。

DSC_1152

水郷というだけあって伊能家の旧宅内にも水が流れていました。

小野川を渡って向こう岸には、伊能忠敬記念館があります。

DSC_1157

記念館の中は残念ながら写真は撮れませんでした。

記念館の中の展示をいろいろ見ていて思ったのは『伊能忠敬ってオタクの極みだなぁ』ということです。

婿入り当初経営が傾きかけていた伊能家を再興し、隠居後に暦学にハマって江戸にいる年下の学者に弟子入りしたり、そこで測量術を学んで江戸幕府に目を付けられて日本地図を作ったり・・・

ちなみに、忠敬はもともと正確な日本地図を作ることに興味はなかったそうです。

忠敬が日本全国を測量したがったのは「子午線1度分の距離を求めて正確な暦を作りたい」という思いからだと伝えられています。

つまり、小学生の時にみた伊能忠敬が作った正確な日本地図は暦を知るための副産物だったのです。

それにしても「日本地図はついでに出来上がりました」であの完成度なのですごいですね・・・

④【佐原観光スポットその2】お昼は『真っ黒いそば!?』

佐原でランチを探していると、とても気になるお店を発見しました。

小堀屋本店 (佐原/そば)
★★★☆☆3.29 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

それがこの「小堀屋本店」さんです。

小堀屋本店さんは『黒切りそば』という少し変わったそばを売りにしています。

黒切りそばとは、そばに昆布を練りこんで、黒くしたそばです。

DSC_1140

DSC_1142

『黒いそば』と聞くとそれだけで少し身構えてしまいますが、味は奇抜ではなく、そばの香りを十分に楽しめて美味しかったです。

佐原のランチにオススメなので、ぜひ行ってみてください!

⑤【佐原観光スポットその3】親方ー!橋から突然水がー!!

ご飯を食べたところで、ふたたび佐原の街を歩いていると、激しく水が流れる音が突然聞こえてきました。

DSC_1153

その音の出どころはこの樋橋(とよはし)です。音が出る様子から通称「ジャージャー橋」とも呼ばれています。

川を挟んで東側(伊能家旧宅側)から反対側の水田に水を引くために樋が作られたのが始まりとされています。

のちに樋に板を被せて橋となり、樋の上を人が渡れるようになりました。

一時期は橋がコンクリート製になった時期もありましたが、用水路としての役目を終えた現在では建設当時の木製の橋に戻り、観光客向けに30分ごとの落水を実施しています。

そのことを知らずに佐原に来たので、突然激しく水が落ちる音を聞いた時には何事かと思いました・・・

DSC_1159

佐原でのんびりと時間を過ごしていたら、あっという間に次の電車の時間が来てしまいました。

この日はもう1か所巡る予定で、次の電車を逃したら予定が大幅に崩れてしまいます。

離れるのに名残惜しさはありましたが、次の目的地に向かいました。

写真映えもするところなので、また機会があればもう一度佐原を訪ねてみたいなと思います。

 

以上【千葉の観光スポット】小江戸・佐原は水の街!でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました